Xbox 360 では恒例の、大型アップデート前パブリックベータテスト参加者の募集が始まりました。今回の 2013 Xbox Live アップデートでは全般的な性能向上のほか、マイクロソフトポイントではなく米ドルや日本円など現地通貨での決済に対応します。
マイクロソフトは次世代機 Xbox One の登場と同時に、従来のマイクロソフトポイントではなく円やドルでデジタルコンテンツなどの決済ができる仕組みへの変更をアナウンスしていました。Xbox Live の更新であるため、この変更は Xbox 360 にも適用されます。

(これまで追加したマイクロソフトポイントについては、公式レートまたはそれ以上で円やドルなど相当として使えるよう変換する対応を予定しています)。

今回のパブリックベータでは、従来のようにマイクロソフトのウェブサイト経由ではなく、Xbox 360のダッシュボードに現れる告知タイルから直接申し込むことができます。

2013 Xbox Live アップデートのパブリックベータテスター募集が始まったのは、Xbox 360 が展開する世界41の市場。ただし日本は含まれていません。日本向けのベータテストについては後日改めて告知する予定。