ノキアの新製品発表イベントを3日後に控えて、うわさの4100万画素カメラ搭載Windows Phone 端末『Lumia 1020』とされる製品写真が出てきました。
コードネームの EOS で知られてきた Lumia 1020 は、Symbian スマートフォン 808 PureView のカメラを継承した最新のWindows Phone 8 スマートフォン。型番については、マイクロソフトの Windows Phone 責任者 Joe Belfiore 氏が EXIF に " Lumia 1020 " と記された日常スナップ写真を Flickrで公開したばかりです。

中国の工場発らしき部品リークや写真、部分的なうわさはこれまでもたびたび出回ってきましたが、リンク先の Windows Phone Central では、流出した公式な製品写真と称する画像を掲載しています。

製品写真を見てみると、丸く盛り上がった背面カメラ部分はこれまでの未確認写真そのまま。「・ー」部分はキセノンフラッシュとLEDライトとされています。


そのほか WP Central が入手したという未確認情報によれば、

・カメラは光学手ブレ補正に対応 (これは従来の Lumia 920 などでも対応。かつての 808 PureViewは非対応だった)

・レンズのF値は2.2。

・静止画は3200万画素と500万画素の写真を同時に撮影できる (16:9)。500万画素の画像は、1ピクセルにつき7ピクセル分のデータからオーバーサンプリングされる。

・4:3では3800万画素。


カメラ以外の部分では、

・Windows Phone として初めて2GB RAMを搭載。

・NFC搭載。

・Qi ワイヤレス充電には、オプションの交換バックプレートで対応。

・本体色は、AT&T版 Lumia 1020 では黄色、白、黒の3色。

・米 AT&Tでの発売は今月末。


といったところ。すべてが正確かどうか、また契約時の価格がいくらになるかは、米国時間で7月11日の発表イベント以降に明らかになるはずです。日本時間では12日金曜日の未明から早朝くらい。