iOS版 Googleマップ 2.0 提供開始。iPad UI や屋内マップ、『周辺のスポット』に対応

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2013年07月17日, 午前 11:45
0シェア
FacebookTwitter


Google が iOS版 Google Maps のバージョン 2.0 を App Store で公開しました。新機能の目玉は、ようやく iPad 最適化デザインに対応したこと。

またひとあし先にアップデートした Android 版の新モバイル Google マップと同様、カテゴリーから一覧できる新しい検索機能「周辺のスポット」や、リアルタイム交通情報や事故情報を反映してリルートするナビ機能の強化などの更新点が含まれます。
(動画は Android版公開時のプロモ)



さらに Android版と同様の屋内マップも参照できるようになりました。主要都市の駅構内や空港、デパートなどの商業施設では、フロアを選んで構内図を参照でき、フロアのどこにどのブランドの売場があるか etc まで把握できます (施設側が提供していれば)。



公式の新機能一覧は:

バージョン 2.0 の新機能
● iPad向けの新デザイン
● リアルタイムの交通状況や事故情報などを含む高機能ナビ
● 食べる、飲む、買う、遊ぶ、泊まるのカテゴリごとに検索して地元で人気のお店を見つけられる新しい検索機能
● シンプルな5段階評価、友だちのクチコミ、Zagatのエキスパートによるコンテンツ
● 好みのブランドのお買い得情報をゲットできるGoogleオファー
● モール、駅、空港などの徒歩経路をチェックできるインドアマップ





iOS版 Google Maps バージョン 2.0 はすでに App Store でダウンロードできます

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

0シェア
FacebookTwitter