センチュリーがUSB接続の外付けHDDを無線化できる「USB HDD活してWi-Fi USBストレージ to WiFi変換アダプター (CWFN-U2)」を発売しました。3TBを超えるHDDも認識でき、最大で6台の外付けHDDを同時に無線化できます。
 
本体には USB ポートがひとつしかありませんが、USB ハブを使えば、最大6台までの外付け HDD を個別のネットワークドライブとして認識します。また HDD に限らず、USB メモリなどほかのマスストレージデバイスも使用可能です。対応するフォーマットは NTFS、FAT32、HFS+ 。

無線 NAS 化した HDD は PC からはネットワークドライブとして認識するほか、スマートフォンやタブレットからは専用アプリ「Ikasu File Manager」を使用してファイルの閲覧、アップロードが可能となります。さらに、PS3 などの DLNA 対応機器からのアクセスもできます。無線化した HDD に同時にアクセスできる PC やスマートフォン、タブレットなどは最大5台まで。

WiFi は IEEE802.11b /g /n (2.4GHz帯)に対応し、速度は最大150Mbps ですが、USB 側の実効速度は約3~4 MB/sec 程度とのこと。暗号化は WEP / WPA / WPA2 に対応、アクセス方式はアクセスポイントモードとアクセスポイントクライアントモードの2種類で、家庭などの既存のアクセスポイントにクライアントモードで接続すれば、インターネットへのアクセスを維持したまま使用することが可能です。

対応機器は、PC が Windows XP(32bit)、Vista、7、8、Mac OS X 10.5以降の Intel Mac。スマートデバイスは iOS4.2.1 以降の iPhone、iPad、iPod touch、Android 2.1以降のスマートフォン/タブレット。そのほか DLNA 対応の再生機器。

本体の大きさは幅42 x 高さ13 x 奥行88mm。重さは45g。

すでに発売中で、センチュリーでの直販価格は4800円です。