日本時間でこのあと深夜 (25日午前1時)からの Googleイベントでは新 Nexus 7 の発表が期待されていますが、もしかすると Chrome 関連の新ハードウェアが公開されるかもしれません。Google Play の対応デバイス一覧から見つかったのは、正体不明の「Chromecast」なるデバイス。

更新:正式発表されました

「Chromecast」とは何やらどこかで聞いたような名称ですが、リンクをクリックしても情報はなく、Googleは一覧からこのデバイス名を削除してしまったため、これが一体どのような製品なのかは不明のまま。

一方、この謎のデバイス名を報じたリンク先 Droid Life では、「読者が Google Play のサポート担当者から教えられた情報」として、この Chromecast は何らかの「テレビサービス」であり、「特定のデバイスと一部の地域」でのみ利用できるもの、と伝えています。

Google とテレビといえば、ソニーなどのサードパーティーから販売されてきた Google TV があります。またそれとは別に、Google が米国でテレビ局やコンテンツホルダーと交渉して、新たなストリーミングサービスを準備しているらしい、とのうわさも絶えず流れてきました。

この " Chromecast " がサービスの名称だとすれば、たとえばストリーミングベースのIPテレビサービスを北米などの一部の地域で提供する計画があり、対応するテレビやセットトップボックスなどが Google Play のコンテンツ購入などにも対応する、ということかもしれません。

一方 Droid Life は、今回のChromecast とはまた別に、テレビにHDMI接続してスマートフォンなどのコンテンツを表示する非常に安価な(35ドル程度)のスティック型デバイス ChromeKey なるもののうわさについても触れています。

この ChromeKey と「Chromecast」が同じものなのか、あるいは ChromeKey は単体で Android や Chrome が動くドングル(よくある「いまのテレビがスマートテレビに!」系製品) で、サービスとして Chromecast に対応するのか etc はまだ分かりません。


Google が日本時間の25日未明から開始するイベント (速報ページ)でホストを務めるのは、Chrome と Android 双方の責任者である Sundar Pichai 氏。フタを開けてみれば、Chrome の名を冠する新デバイスやサービスの発表があるかもしれません。