7月24日の Sundar Pichai氏出席イベントで、Google が Androidプラットフォームの最新版 Android 4.3を発表しました。名称は4.2.xから変わらず Jelly Bean のまま。

新機能や新規格としては、タブレット向きのマルチユーザー強化 (制限プロファイル機能)、低消費電力のセンサや腕時計などと接続するBluetooth SMART (Low Energy)対応、高度なグラフィック描画のための OpenGL ES 3.0 などをサポートします。

また内部的には描画や位置情報機能などに数々の最適化が施され、さらに高速化や省電力が進みました。




制限付きプロファイルを利用するとアプリの挙動も変わります。アプリ内購入の無効化などを実装しました。












Bluetooth SMART (Low Energy)にも対応します。









OpenGL ES 3.0 のデモはどちらもフルHDです。Google Playで公開中。









Netflix の 1080p HD配信が可能になった DRM API 強化、テキスト入力の改善、Bluetoooth の AVRCP 1.3 プロファイルサポートなど、細かな新機能は多数。

Android 4.3は 新 Nexus 7 にプリインストールされるほか、 旧 Nexus 7 や Nexus 10、Nexus 4 に本日より順次 OTAアップデート提供されます。




Android 4.3 のほか新 Nexus 7、Chromecast などが発表されたGoogleイベントの速報はこちら