ソニーとパナソニックが、業務用の次世代光ディスク規格を共同開発することで合意に達したことを発表しました。
共同開発の目的は、両社が持つ「デジタルデータを長期保存するアーカイブ事業を拡大するため」。膨大な素材や放送番組を保存する映像・放送業界や、法令でデータの保全が義務付けられている場合なども含め、大量のデータを低頻度アクセスで長期間保存しておく必要がある分野に向けた規格です。

具体的な目標は、2015年内をめどに1枚300GB超のディスクを開発すること。仕様や開発項目については、今後両社で協議を続けるとしています。