相手がウィルコムPHSか分かる「ウィルコム呼び出し音」開始、11月に向け準備

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2013年07月30日, 午前 11:03 in 070
0シェア
FacebookTwitter


ウィルコムは7月29日、発信先がウィルコムPHS回線か呼び出し音で分かるサービス「ウィルコム呼び出し音」を開始しました。

発信先がウィルコムのPHS回線の場合、通常の呼び出し音の前に「ププープー」という特別な呼び出し音が約2秒鳴り、24時間無料(※)のウィルコムどうしか確認できる仕組みです。

(※ 1通話につき連続2時間45分まで)。

実際のウィルコム呼び出し音 (MP3)


「ウィルコム呼び出し音」は申し込み不要の標準サービスとして7月29日から順次導入され、2013年10月末までに全国展開を完了予定。

これは2013年11月から、これまでPHS限定だった 070番号が非PHSの携帯電話にも使われることから。ウィルコムと携帯電話会社でのMNPも予定されており、ウィルコムの番号のまま別の携帯会社に移った場合、「070なら無料どうし」が通用しなくなります。「ウィルコム呼び出し音」はそれにそなえたサービスです。

文字で書くとやや弛緩せざるを得ない「ププープー」は、ウィルコムによれば欧文モールス符号の W (・--)を参考に設定したもの。

なお名称としては「ウィルコム呼び出し音」ですが、24時間話し放題に含まれない3G回線では鳴りません。また相手が転送電話を使っている場合、正しく判別できない場合があります。

 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: 070, mnp, willcom
0シェア
FacebookTwitter