マイクロソフトが、iPad ユーザーを対象にした Surface RT への乗り換えキャンペーンを開始します。これはiPad mini を除くiPad 全モデルの所有者がキャンペーン期間中に Surface RT を購入すると、所定の手続きを踏むことで最大1万円のキャッシュバックを受けられる内容です。
キャッシュバック金額は Surface RT のモデルごとに異なります。

Surface RT 32GB: 5000円 (実質税込3万4800円)
Surface RT 64GB: 5000円 (実質税込4万2800円)
Surface RT 32GB + Touch Cover (Black): 5000円 (実質税込4万2800円)
Surface RT 64GB + Touch Cover (Black): 1万円 (実質税込4万5800円)

またキャッシュバックを受けるまでの流れは以下のとおり。

1. 2013年8月9日(金)から9月8日(日)の間に、指定の店舗で Surface RT を購入
2. Club Microsoft で Surface RT を製品登録
3. 応募用紙、Surface RT 購入時のレシート(コピー可)、iPad 所有証明の3点をキャンペーン事務局まで郵送
4. 応募用紙に記載した口座にキャッシュバック額が入金される

指定の店舗は、エディオン、100満ボルト、ケーズデンキ、ビックカメラ、コジマ、ソフマップ、ヤマダ電機、ベスト電器、ヨドバシカメラの、それぞれ実店舗とオンラインストア、およびマイクロソフトストア。

応募用紙はマイクロソフトのキャンペーンサイトから無料でダウンロードできます。また iPad 所有証明は、Apple サポートサイトに所有者本人の Apple ID でログインし、「保証状況とサービス期間を確認」ページで iPad のシリアル番号を入力した結果の画面をプリントアウトしたもの、と指定されています。

注意点として、iPad mini と、法人で所有している iPad や中古品はキャンペーンの対象外です。またキャッシュバックを受けられる回数は1人1回まで。

なお Surface RT は、期間限定で値下げした後に結局正式に値下げするといったテコ入れの結果、在庫調整に9億ドルの費用がかかるなど苦戦が続いています。その影響か今回のキャンペーンサイトでは、

「ポートが充実の Surface では、iPad にはない拡張性を実現しています。USB でプリンター接続もできます」
「Flash に対応しているので iPad では表示ができなかった Flash コンテンツも楽しむことができます」

という、iPad を強く意識した言葉が並んでいます。これらが既存の iPad ユーザーにどれぐらい響くかはわかりませんが、少なくとも「マイクロソフトは Surface RT を売ることに必死」ということは伝わってくる内容です。