ゲーム用VRゴーグルOculusの最高技術責任者にジョン・カーマックが就任

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2013年08月8日, 午後 06:02 in Oculus Rift
0シェア
FacebookTwitter


ゲームや仮想現実アプリに特化したヘッドマウントディスプレイ Oculus Rift の Oculus 社が、最高技術責任者CTOとしてJohn Carmack氏を迎えたことを発表しました。

ジョン・カーマックは1970年生まれの42歳。二十歳で共同創業した Id Software で、Doom や Quake シリーズなど画期的な3Dグラフィックゲームの技術面を主導し、現代に続く人気ジャンル FPS (First Person Shooter, 一人称視点シューティング)の礎を築いた伝説級プログラマです。
カーマックは以前からバーチャルリアリティ技術に親しかったこともあり、Oculus とは意外と深い縁があります。Oculus Rift がクラウド出資サイトのKickstarterで初日に70万ドルを調達して話題になる前のプロトタイプ段階からプロジェクトに協力し、まだSDKもない状態で自身のゲーム Doom 3 を Rift に対応させたことで、業界関係者への Rift 紹介や導入にも貢献していました。


Oculus の発表に寄せたカーマック自身のコメントを要約すれば、「一人称視点3DやLANプレイ、インターネット対戦、Modなど、今日のゲームにとって重要な要素につながる仕事を多数手がけてきたが、Oculus Rift の初期プロトタイプに触れたことはそれに匹敵する体験だった。VRは今後数年のうちに極めて大きな影響力を持つようになるだろう。将来には誰もが当然のように思うであろうVRのパラダイムは、おそらくこのメッセージを読んでいる人々の手で、今まさに作られようとしている。そこに至るまでの仕事はまだまだ多く、存在すら分かっていない課題も見つかるだろうが、はやく取り組みたくてしかたがない。きっとすばらしい体験だろう」等々。

カーマックは自身が共同創業した Id Software でテクニカルディレクターを務めていますが、今後の Id との関係はやや不明確。OculusによればフルタイムのCTO職として、新たに設置されるダラスのオフィスで働くとされていますが、Id を買収した Bethesda Softworks では、現在カーマックが手がけているゲームタイトルや技術への影響はなく、今後も Id Software に在籍するとしています。

カーマック本人のツイートによれば、時間配分は Oculus > Id > Armadillo。最後のアルマジロはカーマックが創業した民間宇宙航空企業の Armadillo Aerospace社のこと。実際にプロトタイプのロケットを数種類開発し技術コンペで数十万ドルの資金を獲得するなど活動を続けていましたが、最近はSTIG-Bロケットのクラッシュなど問題が続き、カーマックはつい先日アルマジロを休眠状態に置き外部の出資者を探すと宣言していました。


Show full PR text

John Carmack Joins Oculus as CTO


We have incredible news to share with the community: legendary game programmer John Carmack will be officially joining the Oculus team as our new Chief Technology Officer (CTO).


John is one of the brightest minds of our generation -- pioneer, visionary, and industry legend. There are very few people in the world that can contribute to the Oculus Rift and the future of virtual reality like John can.


John put together a short note for the Oculus community:


"I have fond memories of the development work that led to a lot of great things in modern gaming – the intensity of the first person experience, LAN and internet play, game mods, and so on. Duct taping a strap and hot gluing sensors onto Palmer's early prototype Rift and writing the code to drive it ranks right up there. Now is a special time. I believe that VR will have a huge impact in the coming years, but everyone working today is a pioneer. The paradigms that everyone will take for granted in the future are being figured out today; probably by people reading this message. It's certainly not there yet. There is a lot more work to do, and there are problems we don't even know about that will need to be solved, but I am eager to work on them. It's going to be awesome!"


If you're unfamiliar with John's background, John co-founded id Software, served as lead programmer on Wolfenstein 3D, Doom, and the Quake series, and is one of the pioneers of 3D graphics. When John's not working on revolutionizing video games or computer graphics, he can be found coding at Armadillo Aerospace.


If you've been following Oculus since the launch of the Kickstarter campaign (or before that on MTBS3D), you know that John has been a part of the project and a true believer in the future of virtual reality since the beginning. He was the first developer to actually integrate the Rift into a game, back when the hardware was just a hand-held prototype without an SDK.


John will be working from the new Oculus Dallas office that we're opening soon. We're looking for a few key hires to help us in Dallas, so if you're interested, check out the Oculus Careers page.


Please join us in welcoming John to the Oculus family! You can follow John at @ID_AA_Carmack on Twitter.


Happy anniversary to our Kickstarter backers! We've come a long a way in 1 year, and we can't wait to show you where we're headed next. This is just the beginning.


-- Palmer, John and the Oculus team

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Oculus Rift, OculusRift
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents