SATA 規格を策定する業界団体 Serial ATA International Organization (SATA-IO) が、Serial ATA Revision 3.2 の仕様を公開しました。SATA 3.2 の転送速度は理論上 2GB/秒となり、SATA3.0 の 6Gb/秒から大きく進化します。

この転送速度は、新たに採用した「SATA Express」によって実現します。SATA Express は、コネクタ形状は従来の SATA と同じですが内部的には PCI Express 接続となっています。

そのため転送速度の高速化とともに、1つのコネクタで SATA ストレージと PCI Express ストレージの両方に対応できることもメリットです。

SATA revision 3.2 ではその他にも、

・M.2 規格(旧称 NGFF。mSATA よりコンパクトな拡張モジュール用規格)対応
・組み込み向けの「microSSD」対応
・USM (Universal Storage Module、抜き差し可能なカートリッジ型ストレージ) の薄型規格「USM Slim」対応
・DevSleep: 主に常時電源ONで使用することの多いモバイル機器向けに待機電力を削減
・Transitional Energy Reporting: SATA ストレージ機器を詳細にモニタリングして省電力化
・Hybrid Information: SSHD (Solid State Hard Drive、内部にキャッシュ用フラッシュメモリを搭載するHDD) のパフォーマンスを向上
・Rebuild Assist: RAID 環境の再構築を高速化

など、様々な機能を追加しています。

なお SATA-IO は、8月13~15日に米国カリフォルニア州サンタクララで開催予定の Flash Memory Summit にて、同規格について説明する予定です。