Chromecast を任意アプリ対応にするハック、CyanogenModに組み込みへ

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2013年08月12日, 午後 12:56 in chromecast
0シェア
FacebookTwitter


定番ツール ClockworkMod の開発者 Koushiku Dutta 氏が、Android のメディア再生アプリから直接 Chromecast へストリーミングする技術を開発しました。

公式に Chromecast 対応のアプリ / サービスでなくても、ビデオ / オーディオを扱うほとんどのAndroid アプリから、ソースがローカル (本体とSDカード含む) かネットワークかを問わず、Chromecast に投げてテレビなどで再生できるようになります。

Google が7月に35ドルで発売した Chromecast は、テレビのHDMI端子に挿して動画や音楽などのオンラインコンテンツを楽しむためのデバイス。

ユーザーからは、Androidスマートフォンやタブレットの対応動画・音楽アプリでいつものようにコンテンツを探して、あとは Chromecast を再生先に選んで「投げる」という、ちょうどアップルの AirPlay のような使い方です。

しかし内部的にはAndroid端末から直接 Chromecast にストリーミング送信するのではなく、Chromecast がWiFi 経由でクラウドからコンテンツを自力受信して再生する違いがあります。

このため本来であれば、YouTube や Netflix、Google Play Video、Pandora といった特定の対応サービスでしか使えない仕組みです。( Chromeブラウザの特定のタブをテレビに「キャスト」して表示する機能もあり。URL が送られて Chromecastの内蔵ブラウザが表示する動作)。


そこで Koushik Dutta 氏が開発したのは、Android のメディアプレーヤフレームワーク側に Chromecast (Google Cast)対応を組み込むことで、標準の ビデオ / オーディオ再生 APIを使うアプリならなんでも Chromecast で再生できるようにする仕組み。

Android端末がサーバになって Chromecast にストリーミングするため、ローカル保存されたコンテンツでも、Chromecast非対応の動画サービスのアプリでもテレビに飛ばせるようになります。

この機能は CyanogenMod に取り込まれる予定。標準APIではなく独自の仕組みで再生するアプリや、あるいはゲームなどの画面ミラーリングには利用できませんが、アプリやサービス側の Google Cast 対応待ちをせずに Chromecast の有用性が広がるありがたいハックです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: chromecast, clockworkmod, cyanogenmod, Google Cast, GoogleCast, koushik dutta, KoushikDutta
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents