動画:Kinectとプロジェクターであらゆる表面をタッチ画面にするソフト発売、149ドルから

Takuro Matsukawa
Takuro Matsukawa
2013年08月16日, 午前 10:35 in kinect
0シェア
FacebookTwitter


シアトルのスタートアップ Ubi Interactive が、プロジェクターとマイクロソフトの Kinect を組み合わせて、あらゆるものの表面をタッチスクリーンにするソフトを発売しました。プロジェクター用スクリーンはもちろん、壁面やテーブルでも使用できます。

PC の画面をスクリーンなどの表面に投射し、その上にある手の動きを Kinect でトラッキングして操作するというシンプルな仕組みです。動画ではタップや回転、ピンチ、ズームといった操作も高い精度で実行しています。

使用方法は、まず Windows 8 搭載の PC にプロジェクターと Kinect を接続。続いてソフトウェアを起動すると、ソフトが自動で設置環境を測定して設定完了、と至ってシンプルです。

なおソフトは機能によって4種類あり、価格も異なります。またENTERPRISE 版はボリュームディスカウントも可能です。

BASIC: タッチポイント1ヵ所、最大ディスプレイサイズ45インチ、サポートはフォーラムのみ、149ドル。

PROFESSIONAL: タッチポイント1ヵ所、最大ディスプレイサイズ100インチ、メールサポート(48時間以内に回答)、379ドル。

BUSINESS: タッチポイント2ヵ所、最大ディスプレイサイズ100インチ、メールサポート(24時間以内に回答)、779ドル。

ENTERPRISE: タッチポイント20ヵ所、最大ディスプレイサイズ100インチ、電話サポート(当日中に優先サポート)、1499ドル。

開発した Ubi Interactive は、もともとドイツのミュンヘン工科大学発のスタートアップ。Kinect 活用スタートアップを対象としたインキュベーションプログラム Kinect Accelerator で最終選考に残った5か国11グループのひとつで、マイクロソフトの地元シアトルに拠点を移して開発を続けてきました。ゲーム会社の Ubisoft とは無関係。

リンク先 Microsoft の Kinect for Windows ブログでは、Ubi の用途として学校でのインタラクティブな授業、店頭での商品カタログ(閉店後もアクセス可能)、キッチンの壁にレシピを投影、壁一面に Angry Birds を映して遊ぶなど、可能性は無限大としています。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: kinect, Kinect Accelerator, KinectAccelerator, Ubi interactive, UbiInteractive, Windows8
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents