サムスン、二つ折り二画面スマートフォン Galaxy Golden を発表。イージーモードや血糖センサ連携

Takuro Matsukawa
Takuro Matsukawa
2013年08月22日, 午後 09:02 in android
0シェア
FacebookTwitter



韓国サムスンが、折りたたみ式の2画面 Android スマートフォン Galaxy Golden SHV-E400 を発表しました。

本体の内側と外側に3.7インチの有機ELディスプレイを搭載し、開いた状態ではタッチパネルとキーパッドで、畳んだ状態では外側のタッチパネルで操作できる点が特徴です。

主な仕様はOSに Android 4.2 (Jelly Bean)、3.7インチ Super AMOLED ディスプレイ、2コア 1.7GHz プロセッサ、800万画素カメラ、FMラジオなど。

サムスンは Galaxy Golden を中高年層向けモデルと位置づけており、使用頻度の高い機能を大きく表示する Easy Mode や、撮影した名刺の電話番号やメールアドレスなどを自動でアドレスブックに登録する機能を搭載します。

名前のゴールデンは、日本でいうシルバーのような「ゴールデン世代」、シニア世代を指す言葉から。

また歩数計機能の「S Health」も搭載しますが、これは将来的に血糖値測定器と連携できるようになる予定とのこと。


Galaxy Golden は、韓国の SKテレコムと KT から発売予定。価格は79万ウォン、日本円で約7万円です。なお今のところ韓国以外の国での取り扱いについて発表はありません。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: android, android4.2, galaxy golden, GalaxyGolden, samsung, SHV-E400
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents