マイクロソフトのバルマーCEOが1年以内に退任、後任選びはゲイツ氏も参加

Hiromu Tsuda
Hiromu Tsuda, @boobyn
2013年08月24日, 午前 01:17 in bill gates
0シェア
FacebookTwitter


マイクロソフト は、 スティーブ・バルマー CEO が1年以内にに退任すると発表しました。ビル・ゲイツ会長を含めた特別委員会は、後任選びに入ります。

バルマー氏は自身のリタイヤについて、「マイクロソフトがデバイスとサービスを提供する企業へと変わる中で、長期的に最高経営責任者になれる人材が必要」とコメントしています。

バルマー氏といえば、大きな体と声を活かしたテンションの高いパフォーマンスで存在感を見せつける人物。社員の iPhone を踏みつけるふりをする豪快なふるまいも武勇伝の1つ。最近では、「One Microsoft」の合い言葉で、巨大な組織を改編するための旗振り役を担っています。

マイクロソフトの取締役会は特別委員会を設置し、バルマー氏に代わる新たなCEOの選任に入ります。なお、この委員会にはゲイツ氏も参加。「すばらしい新最高経営責任者を選ぶために協力します」とのコメントを寄せています。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: bill gates, BillGates, Microsoft, Steve Ballmer, SteveBallmer
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents