HPから大画面タブレットにもなる20型オールインワンPC「HP Envy Rove 20」

Takuro Matsukawa
Takuro Matsukawa
2013年08月29日, 午後 12:40 in all in one
0シェア

HPがバッテリー内蔵で大画面タブレットにもなるオールインワンPC 「HP ENVY Rove20」を発表しました。

付属のワイヤレスキーボードとマウスを接続してオールインワンPCとして使用できるほか、最長で約4時間15分持続するバッテリーを内蔵し、本体のみでタブレットのように使用することもできます。

製品にはモノポリーなどのゲームもプリインストールしており、「本体を完全に寝かせた状態にして家族や友人とテーブルを囲み、ボードゲームのようなスタイルで楽しめます」としています。



ラインナップは量販店モデルと HP Directplus (直販) モデルの2種類。基本仕様は共通で、Windows 8 (64bit)、20インチ 1600 x 900 IPS ディスプレイ(10点タッチ対応 )、Core i3-4010U (1.7GHz、2コア4スレッド)、8GB RAM、1TB ハイブリッド HDD(8GB フラッシュメモリ内蔵)。

ほか 802.11a/b/g/n/ac (Draft) WiFi、Bluetooth4.0、USB3.0 x 3 (右側面の1ポートは電源オフUSBチャージ機能対応)、SD カードスロット、デュアルマイク、Web カメラなど。本体にLANポートはなく、USBイーサネットアダプタが付属します。

オーディオは Beats Audio 対応のデュアルスピーカーとサブウーファーを搭載。また本体背面には画面の角度を13~90°まで自由に調整できるHPスマートスタンドを備えます。

加えて本体左側面にはワンタッチで画面が90度回転するボタンを備え、縦向き/横向き表示が切り替え可能です。

量販店モデルには MS Office Personal 2013をプリインストールするほか、USB 接続の外付け DVD スーパーマルチドライブが付属します。



本体サイズは W506 x H314 x D36mm (スタンド最大時194mm)、重さ5.6kg。

HP Directplus モデルは本日8月29日発売、価格は9万9960円から。量販店モデルは9月6日(金)発売、店頭想定価格は14万円前後です。
 

広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

 

関連キーワード: all in one, AllInOne, envy rove 20, EnvyRove20, hp
0シェア