楽天傘下のカナダ Kobo が、電子ブックリーダーの新モデル Kobo Aura を発表しました。

これは海外で販売している Aura HD の小型版的なモデルで、Aura HD が6.8インチディスプレイを備えるのに対し、Aura は6インチディスプレイを搭載します。

主な仕様は6インチ 1014 x 758 E-ink ディスプレイ(ComfortLight 搭載)、Freescale 製 i.MX507 1GHz プロセッサ、4GB 内蔵ストレージ、802.11 b/g/n WiFi、microSD スロット(最大32GB)。

表示はグレースケール16階調。11種類のフォントと24種類の文字サイズから選択可能です。

またバッテリー駆動時間は、WiFi オフの状態で1日30分使用して約2か月としています。

本体サイズは150 x 114 x 8.1mm、重さ174g。本体カラーはブラックとピンクの2色から選択できます。



ほぼ同じ仕様の Kobo Glo と比較すると、Aura は内蔵ストレージが倍になり、より薄く軽く (Glo は157 x 114 x 10mm、185g)なっています。そのためAura は Aura HD の小型版と言うよりも、Glo をアップデートしたモデルと言ったほうが適当かもしれません。



www.Kobo.com での直販価格は149.99ドル。発売日は9月16日。カナダ、米国、英国、オーストラリア、ニュージーランドでは予約を受付中。今のところ日本での販売について発表はありません。

なお参考までに、海外での販売価格はGlo が129.99ドル、Aura HD が169.99ドルです。

本家 Engadget によるハンズオンムービー