ロジクールが、同社のゲーミングマウスに最適というマウスパッド2モデルを発表しました。それぞれ表面の素材が異なり、ソフトマウスパッド G240 は熱処理された布、ハードマウスパッド G440 はポリプロピレンを採用します。

それぞれの特徴は、軽く柔らかく持ち運びやすいG240が 低 DPI 用、高耐久で固定しやすい G440 が高 DPI 用。(蛇足ながら、DPI とは Dots Per Inch の略で、マウスを1インチ動かした際に、モニタ上でマウスポインタが何ドット移動するかを表す単位。)

たとえば DPI が低い場合にポインタを素早く動かすには、マウスをより素早く動かす必要があります。そのため適度な抵抗がある方が、動かした後に狙った場所でマウスを停止しやすいということで、G240 を推奨しています。

逆に DPI が高い場合はマウスを少し動かしただけでポインタが大きく動くので、繊細な操作が必要となります。そのため滑らかな表面加工を施した、抵抗の少ない G440 を推奨しています。



両モデルに共通する仕様は、Logicool G ゲーミングマウスのセンサーに最適化された表面加工と、激しい動きでもパッドを安定させる裏面のラバーベース。

面積も 340 x 280mm で同じ。厚み/重さは G240 が1mm/90g、G440 が3mm/229g。

販売価格は G240 が1980円、G440 が2980円。発売予定日は9月13日(金)です。