ソニー Reader PRS-T3 発表、6インチのまま758 x 1024に高精細化

Takuro Matsukawa
Takuro Matsukawa
2013年09月5日, 午後 12:46 in e book
0シェア
FacebookTwitter


IFA 2013 で、ソニーが電子書籍端末 Reader の新モデル PRS-T3 を発表しました。ディスプレイサイズは現行のPRS-T2と同じ6インチのまま、 解像度を向上しています。

ディスプレイ仕様は 6インチ 758 x 1024、E Ink Pearl、グレースケール16階調。解像度は Kindle Paperwhite に追いつきました。

ほか2GB 内蔵ストレージ、802.11b/g/n WiFi、Micro SDスロット(最大32GB)など。

更新:会場からの実機リポートを追加



サイズはW109 x H160 x D11.3mm、重さは約200g (ともにスナップカバー付き)。

バッテリーはWiFiオンで1日30分の使用で約1.5か月。WiFiオフの場合は約2か月。3分の充電で小説600ページ分の充電が可能なクイックチャージ機能を備えます。

また別売のオプションとして、ライトを内蔵するカバーも販売予定です。



PRS-T3 は欧州で9月に発売予定。価格は未定。なお欧州以外の地域での発売について、今のところ発表はありません。続報がありしだいお伝えします。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: e book, e books, e reader, e readers, e-book, e-books, e-reader, e-readers, ifa 2013, Ifa2013, PRS-T3, reader, SONY
0シェア
FacebookTwitter