Xbox Liveリワード刷新、ゴールド更新やスタンプカードで稼いで円に還元

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2013年09月9日, 午後 01:29 in microsoft
0シェア
FacebookTwitter


マイクロソフトが Xbox Live や Xbox 360 ユーザー向けのロイヤリティプログラム Xbox Live リワードを刷新しました。ゴールドメンバーシップの更新やフレンド紹介、コンテンツ購入などでクレジットが貯まり、5000クレジット=525円でマイクロソフトアカウントの残高に変換できます。







マイクロソフトは先日、 Xbox Live の各サービスでの決済を従来のマイクロソフトポイント(いわゆる「ゲイツ円」「ゲイツ」) から、円やドルなどの現地通貨に切り替えたばかり。新生リワードプログラムでも、マイクロソフトポイントではなくまず「クレジット」が貯まり、一定額ごとに「円」(やドル)としてマイクロソフトアカウントの残高に追加される仕組みです。



クレジットがもらえる条件は、まずリワードプログラムに登録すること。個別の「ミッション」は、たとえば Xbox ストアでの初回購入に対して1250クレジット、Xbox Live ゴールド メンバーシップの更新で一か月250クレジット〜12か月3000クレジット、フレンドの紹介で1000クレジット、毎月のアンケートに答えて一回250クレジット、新作 Xbox 360 ゲームの購入で1000クレジット(リリース日から30日以内に10時間以上プレイ。オンデマンドやアーケードなどダウンロードゲームは非対象)など。

さらに「スタンプカード」方式のミッションもあり、ゲームのマップパックを期間内に5つ購入して5000クレジット(ひとつ1030円以上の購入)、Xbox Videoストアで5つの映画やテレビ番組をレンタルまたは購入で3000クレジット (ひとつ309円以上の購入)、新しいアプリを期間内に5つインストール・5時間以上利用して1000クレジット (これまで落としていないアプリのみ)など。

この3つのスタンプカードについてはオファー有効期間(スタンプを溜められる期間)が2013年8月30日から10月31日までと、あまり気長に構えてもいられません。スタンプカードは随時更新される予定。

さらにゲームをプレイして達成した項目に応じて与えられる実績と、その累計である「ゲーマースコア」を貯めているゲーム好きに対しては、スコアに応じて4段階でXbox ストアの購入にキャッシュバックなどが受けられるVPI限定オファーが用意されます。4段階の「実績の記録」とキャッシュバック率は、

「チャレンジャー」(3000 - 9999) 1030円購入ごとに50クレジット
「チャンピオン」(10000 - 24999) 1030円購入ごとに100クレジット
「レジェンド」(25000 - 74999) 1030円購入ごとに200クレジット
「マスター」(75000+) 1030円購入ごとに300クレジット

スコアが溜まっていても、しばらくゲームから離れてゴールドメンバーシップが切れている場合などは「実績の記録」を解除できません。また、ミッション / オファーの種類によっては、リワードプログラムに参加する前に購入やインストールしてしまうと対象にならず貰えないものもあります。登録と詳しい説明はリンク先へ。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: microsoft, xbox 360, xbox live, xbox one, Xbox360, XboxLive, XboxOne
0シェア
FacebookTwitter