ソニーから出力100Wのハイパワーオーディオ GTK-N1BT、aptX / AAC対応

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2013年09月12日, 午前 09:08 in bluetooth speaker
0シェア
FacebookTwitter

ソニーが Bluetooth 対応の大出力アクティブスピーカー「ハイパワーオーディオ」GTK-N1BT を発表しました。幅55cmほどの本体に6.5mm径の20Wフルレンジスピーカーを2つ、中央に16cmの60Wサブウーファーを備え、パワフルな重低音が売りの製品です。

Bluetooth 3.0 と NFC に対応し、Androidスマートフォンなどではタッチして簡単ペアリングで無線再生が可能。Bluetooth は aptX や AAC コーデックにも対応し、送信側も対応していれば、標準のSBCより高い音質で再生できます。




そのほかの入力系統は、ステレオミニジャックがひとつ、充電もできるウォークマン端子がひとつ、iOS機器やAndroid機器を接続充電でき、マスストレージにも対応するUSB端子がひとつ。ウォークマン専用ケーブルも付属します。

また Android との接続では、ソニーが Google Play で配布する App Remote アプリを使うことで、音量調節や再生操作に加えて、EQモードの切り替えや再生ソース切り替え、USB接続したウォークマンやストレージ内音源のコントロールといったこともできます。



そのほかの仕様は縦置き対応、FMチューナー内蔵、圧縮音源の高音域を補完・再現する高音質化技術 DSEE、音楽連動やムード照明風など10モードを選べるマルチカラーLEDイルミネーション、リモコン付属など。

本体サイズは約554 x 213 x 280mm、重さ約9kg。動作時消費電力44Wのハイパワーモデルなので電池駆動はしません。

発売は10月5日、価格はオープン。市場推定価格3万円前後。キロ3300円くらいです。

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: bluetooth speaker, BluetoothSpeaker, GTK-N1bt, nfc, sony
0シェア
FacebookTwitter