ソニー BRAVIA Smart Stick 公開、スティック型の後付けGoogle TV端末

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2013年09月17日, 午後 12:07 in bravia
0シェア
FacebookTwitter


欧州ソニーが、スティック型の Google TV 端末 BRAVIA Smart Stick NSZ-GU1を公開しました。BRAVIA Smart Stick は、ソニーが海外向けにテレビ組み込みや単体のセットトップボックスとして販売する Google TV 互換スマートテレビの小型版。

今のところ正式な「発表」ではないものの、公式Blog には一時フライング掲載されており、ソースコードの一部や、サポートページにはマニュアルも公開されています。




製品としては、接続がUSBとHDMI (MHL対応)になった点を除き、原則的に外付けセットトップボックス版と同等です。裏面が QWERTYキーボードになって音声入力マイク付きのリモコンも同じ形状。スティック型ながらHDMI入力やIRブラスターも備え、外部機器と連携できるようになっています。

Google TV 端末として Google Play から各種アプリを導入できるほか、ソニー独自の BRAVIAアプリにも、海外向けのBRAVIAスマートテレビと同様に対応します。アプリはソニーが運営する Video Unlimited や Music Unlimited のほか各社のオンライン音楽・動画サービス、組み込みのChromeブラウザなど。

またソニーのこの特定製品に導入されるかは分からない Google TV のアップデートとしては、Chromecast 互換の「スマートフォンから投げる」にも対応を予定しています。

発売日や価格は今のところ不明。これを挿せばどのテレビでもソニー版 Google TV になるわけではなく、2013年モデルの海外向けBRAVIA 用アップグレードオプションとして、「スマート」な機能を後から足すための製品のようです。

 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: bravia, bravia smart stick, BraviaSmartStick, google, google tv, GoogleTv, smart tv, SmartTv, sony
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents