インテルのNUC ミニPCにHaswell モデル、4K 出力対応

Takuro Matsukawa
Takuro Matsukawa
2013年09月17日, 午後 09:33 in Haswell
0シェア
FacebookTwitter

インテルが超小型PC NUC (Next Unit of Computing) の新モデルとして、Haswell 採用の D54250WYK を発表しました。

NUC とは、約12cm 四方のコンパクトな筐体にCPUやストレージなどフル機能のPCを収めた製品。一般向けには組み立てキット、いわゆるベアボーンとして販売されています。

従来モデルと比較して、D54250WYKはCPUをHaswell 世代へアップデート。グラフィックス面でも統合グラフィックの HD Graphics 5000になり、 mini DisplayPort 1.2 端子を搭載しました。

主な仕様はインテル Core i5-4250U CPU、インテル HD Graphics 5000 (Quick Sync Video 対応)、インテル HD Audio、インテル製ギガビット・イーサネットコントローラー。

ほか mSATA x1、DDR3 SO-DIMM スロット x2 (最大16GB)、USB 3.0(前面 x2、背面 x2)、USB2.0 (内部ヘッダ x2)、mini DisplayPort 1.2 x1、mini HDMI 1.4a x1、赤外線センサなど。

価格や発売時期について、今のところ発表はありません。

なお NUCと同じフォームファクタを採用するPCとして、ギガバイトが Haswell プロセッサと Iris Pro GPU を搭載するBRIX ゲーミングエディションを発表しています。

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Haswell, Intel, Next Unit of Computing, NextUnitOfComputing, NUC
0シェア
FacebookTwitter