パナソニックが、コンシューマ(BtoC)向けスマートフォンの開発休止を発表しました。以前の津賀社長のコメントもあり、スマホ事業撤退の可能性は高いと見られていましたが、ついに公式発表となりました。

今後、携帯電話部門のパナソニック モバイルコミュニケーションズ(PMC)は、2013年度下期以降のスマートフォン開発を休止。BtoC 向けフィーチャーフォン、いわゆるガラケーの生産・販売と、BtoC 向けスマートフォンを含む販売済み製品のサポート業務に集中します。

またBtoC 向けフィーチャーフォンの開発とBtoB 向けスマートフォン事業は、PMC からパナソニックシステムネットワークスに業務委託。PMCの所有するモバイル通信技術などの経営資源は、新規・成長分野に再配置するとしています。

今回のパナソニック撤退で、NTTドコモを支えたmova シリーズの初期メンバーは、富士通ただ1社のみとなりました。

なお以前に日経が報道した、基地局事業の売却についての発表はありません。