ソフトバンクモバイルは、2013年冬 - 2014年春の新商品発表会において、3G通信機能を搭載した体組成計「スマート体組成計 301SI」を発表しました。3G通信機能を体組成計に組み込むという、まさかのチャレンジを行うメーカーはセイコーインスツル。発売は2014年2月中旬以降の予定です。

301SIは、体重や体脂肪率、BMI値、基礎代謝など、ごく一般的な体組成計の機能を搭載し、ごく一般的な体組成計のデザインをしています。ただひとつ違っているのは、ソフトバンクの3G通信モジュールを搭載した通信機器だった、ということ。



ソフトバンクの健康支援サービスçシリーズの第2弾となり、体組成計で計測したデータを自動的に SoftBank HealthCare のクラウドサーバーに転送。スマートフォンなどにデータを蓄積できます。

第1弾の活動量計 Fitbit Flex は、個人で利用するものですが、体組成計は家族など複数人で使うことが考えられます。301Siは、あらかじめ登録した4人のユーザーを自動判別する機能を搭載しており、体重をはかるだけで、家族それぞれの健康関連データが記録可能です。

2年契約が必要

通信機能を搭載した体組成計では、タニタがBluetoothを採用し、オムロンやパナソニックはNFCを利用してスマートフォンとの連携しています。回線契約が必要な3G通信対応体組成計を投入する理由について、説明員は「もちろんソフトバンクだからというのもあるが、体重をはかるだけで自動的にデータが蓄積できる手軽さもある」と話しています。

301SIは3Gの通信機器なので、携帯電話の契約と同様に回線契約が必要です。利用料は2年契約の条件付きで、月額619円。中途解約は違約金がかかります。通信料金が含まれた専用料金プランとなり、クラウドサーバーにこの料金内でデータが送信されるものの、スマートフォンにデータをSMSで送る場合は別途通信料が必要です。




端末の底面には、SIMカードスロットを備えており、microUSB端子による充電も可能。体組成計に3Gの通信モジュールが入っただけ、ともいえる製品ですが、製品投入は来年2月です。提供開始までにある程度の時間を要する点を質問すると、「なにぶん(体組成計に)3G搭載は初めてで、さまざまな検証が必要なんです」と話していました。

なお、SoftBank HealthCare のFitbit Flexを利用しているユーザーは、現状で別途利用料がかかります。セット利用による割引や、携帯電話との同時購入による割引などは、今後検討していくとのこと。通信機能付きデジタルフォトフレームなどと同様に、3G付き体組成計も1回線と見なされます。