設営中の CEATEC 2013 会場より。東芝は8インチの小型 Windows 8 タブレットを公開しています。今のところ正式な製品名もブランドもない参考出品扱いですが、9月初めのベルリン IFA 2013 で一足先に海外発表されていた " Encore " の日本版にあたる製品です。
海外発表された Encore の仕様は、8インチ1280 x 800 HFFSディスプレイ、Atomプロセッサ、32GB ストレージ、デュアルバンド 802.11a/b/g/n WiFi、背面に8MP / 前面に2MPカメラ。ほかほかステレオスピーカー、デュアルマイク、ジャイロセンサ、加速度センサ、GPS、Micro USB 2.0、Micro HDMI、microSDスロットなど。

中身には、最新の " Bay Trail " 世代 Atom プロセッサを搭載します。






国内では Android 採用製品は REGZA タブレットとして販売していますが、この「Windows 8.1搭載8インチ タブレット」の製品名やブランドは未確定。とはいえ、




......場所的にはこのような場所にあったため、おそらくはWindows PC と同じブランドになりそうです。国内での正式な発売日や価格も (あくまで参考出品なので) 未定。海外発表の時点では、国内向けには今年第4四半期に発売予定とされていました。