孫社長「我々のスマホが一番繋がる」ソフトバンク新モデル発表会

EngadgetJP Staff
EngadgetJP Staff, @engadgetjp
2013年09月30日, 午後 05:08 in softbank
0シェア
FacebookTwitter


「ソフトバンクは打線はつながっても電波は繋がらないということもあった。しかし今日現在、我々のスマホは一番つながる。通話もより繋がる」とソフトバンク孫正義社長がアピールしました。ソフトバンクの2013年春モデル、2014年春モデルの記者発表会でのこと(新モデルのまとめ記事はこちら)。
「多くの皆さんのイメージは、ドコモが繋がる、ソフトバンクが繋がらないというものだが、それは長い間、繋がりにくい状況があった我々の責任だ。しかし実体としては思いのほか改善している。事故も少ない」



NTTドコモも販売するようになったiPhone 5s の登場で「3社のネットワーク品質をフェアに調査した」といいます。いわく全国1000駅を調査し、837駅でソフトバンクの通信速度が1位になったとのこと。孫社長は「接続速度も倍、他社に比べてパケ詰まりも少ない」と話しました。実際Engadget編集部で調査した結果でもまずまずの結果が出ています。「約8000台のiPhone 5s /5c で120万回調べた結果、我々が一番繋がる。それが販売にも出ている」

2014年春からプラチナバンド(900MHz帯)でLTEサービス開始。「(これまでのTDD-LTEとFDD-LTEの)ダブルLTEでも一番なのに、さらにトリプルLTE。我々は実行速度も実効接続率も一番だ」と話しました。






「(米Sprintの買収で)米国に行って強く認識したのは、都心でも郊外でも電波がすぐに切れてしまう。ネットワークも遅い。改めて思うのは、我々が世界で初めて商用サービスで展開しているTDD-LTEとFDD-LTEは間違いなく世界最高レベルだということ。Sprintにも同じようにネットワークを作っていきたい」

繋がらなかったイメージを一気に「倍返しだ!」とばかりに意気軒昂の孫社長。「ノウハウを世界に羽ばたかせていきたい。そのためにシリコンバレーにソフトバンクにオフィスを構えた」というように、米国での成功に向けても着々と準備を進めているようです。
 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: softbank, SoftbankMobile, SonMasayoshi
0シェア
FacebookTwitter