iOS 7 の iMessage に送信不能バグ、アップルは修正作業中

Takuro Matsukawa
Takuro Matsukawa
2013年10月2日, 午後 04:31 in Apple
0シェア
FacebookTwitter

先日のロック画面迂回バグボタン連打バグに続いて、今度はiOS 7 のiMessage にメッセージが送信できない不具合が判明しました。

不具合の内容は、iOS 7 のiMessage を使用してメッセージを送信した際に、一旦は送信が完了したと表示されるものの、後に送信できなかったことを示す赤いエクスクラメーションマークが表示されるというもの。その場合メッセージは送信されていません。

アップルは Wall Street Journal の問い合わせに対して、この問題を認識しており、修正のためソフトウェア・アップデートの準備を進めていると回答しています。

アップルによると、この不具合はごく一部のiOS 7ユーザーにのみ発生しているとのこと。該当するユーザーへは、デバイスの再起動のほか、一度iMessage 機能をオフにした後にネットワーク設定をリセットし、その後iMessage をオンにすることを推奨しています。ネットワーク設定のリセットは、iOS の設定 > 一般 > リセットの中にあります。

なお上記の手順を実行しても改善できない場合は、アップルのサポートページにあるトラブルシューティングの項目を参照するか、アップルケアサポートに問い合わせすることを勧めています。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Apple, imessage, ios 7, Ios7
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents