Dell Venue 11 Pro は、デルが発表した新生 Venue シリーズ4機種のひとつ。

ほか3機種のうち Venue 8 Pro は8インチの小型 Windows 8.1 タブレット、Venue 7 と Venue 8 が安価な Android タブレットであるのに対して、こちらの Venue 11 Pro は10.8インチのフルHDディスプレイに " Haswell " 世代の Core i5 プロセッサ、8GB RAMまで選択できる本格的な Windows 8.1 タブレットPCです。

Dell Venue 11 Pro の主な仕様は 10.8インチ 1920 x 1080 フルHD IPS液晶ディスプレイ、4コアの " Bay Trail " Atom プロセッサまたは " Haswell " 世代 Core i5 プロセッサ、最大8GB RAM、256GB SSD 。

ほかペン入力対応、NFC搭載、WiDi ワイヤレスディスプレイ出力、フルサイズUSB 3.0ポート、HDMI出力、microSDスロットなど。ビジネス向けのセキュリティ機能としては TPM 1.2 チップを内蔵するほか、インテル vPro にも対応します。

またバッテリーをユーザーが交換でき、ホットスワップに対応するのもビジネス向けを意識した製品らしい点です。


デルいわくデスクトップPCに匹敵する性能とタブレットの可搬性を両立した製品だけに、さまざまな用途に応じたドックが用意されるのも特徴です。

まず Slim Keyboard は、本体カバーにもなる薄型のキーボード。

もうひとつの Mobile Keyboard は、追加バッテリーを内蔵して駆動時間を最大1.8倍に伸ばすキーボード。デルによれば、 Mobile Keyboard 併用時には最大で16時間駆動します。

上の画像はデスクトップドック。据え置きで使うときのために、デスクトップ用の周辺機器を同時に接続できるようにするドックです。

Dell Venue 11 Pro は、英国では11月7日に発売予定。価格はVAT抜き 350ポンド、約500ドル。