au がモバイルルータの新製品 Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14を発表しました。下り最大110Mbpsの WiMAX 2+、40Mbpsの現行 WiMAX、75Mbpsの4G LTEという3種の通信方式に対応することから、同社はこの製品をトライブリッドモデルと呼んでいます。

本体には3000mAh のバッテリーを内蔵し、WiMAX2+接続で約540分、WiMAXで約570分、4G LTEで約550分の連続使用が可能。またauスマートフォンを充電するモバイルチャージャー機能も搭載します。

待ち受け時間はECOモードで約950時間。電源OFFの状態から約5秒で起動できるクイックアクセスモードでは、WiMAX2+で約27時間、WiMAXで約29時間、4G LTE で約31時間。

HWD14本体の充電は、専用の充電アダプタのほか、microUSB経由と、別売の充電台を使用するワイヤレス充電(Qi)にも対応します。



ほか本体前面にはタッチ操作対応の2.4インチTFT液晶を搭載。側面にはmicroSDHCスロット(32GBまで対応)も備えます。

本体サイズは約62×100×15.5mm。重さ約140g。対応OSはWindows XP (SP3)/Vista/7/8、Mac OS X 10.5/10.6/10.7/10.8。

本体カラーはブライトシルバーとメタリックレッドの2色。発売日はブライトシルバーが2013年10月31日、メタリックレッドが11月中旬以降を予定しています。


なお料金プランは、HWD14 専用の「WiMAX2+ フラット for DATA(2年)」と「WiMAX2+ フラット for DATA(4年)」が用意されます。月額基本料金はともに5455円。2年間の継続利用が前提の「誰でも割シングル」に加入すると月額4405円に割引されます。また同時に「WiMAX2+ おトク割」に加入すると最大25か月間、毎月525円が割引され、最終的な月額料金は3880円になります。



通信速度の制限については、HWD14の本体設定によって異なります。設定は3種類あり、違いをまとめると:

ノーリミットモード:通信方式はWiMAXのみ。速度制限なし。

ハイスピードモード:通信方式はWiMAX とWiMAX2+。WiMAXは速度制限なし。WiMAX2+ は最大25か月間、速度制限はありませんが、2015年4月以降、直近3日間の通信量が1GB以上の場合に制限の対象となる可能性があります。

ハイスピードプラスエリアモード:通信方式はWiMAX2+と4G LTE。両方あわせて当月の通信量が7GBを超えると、当月末までの通信速度が送受信最大128kbpsに制限。ハイスピードプラスエリアモードで制限に達した後にハイスピードモードを選択し直しても、当月中のWiMAX2+と4G LTEの通信速度は送受信最大128kbpsに制限されます。

また別途申し込みが必要ですが、7GB以降2GBごとに自動加算2625円のエクストラオプションを利用することで通信速度の制限なく利用することも可能です。

なおハイスピードプラスエリアモードの利用には、「WiMAX2+ フラット for DATA」の料金に加えて月額1055円のオプション利用料が必要ですが、このオプションは申し込みが不要で、HWD14の設定を変えるだけで利用できることに注意が必要です。



またauは新たなサービスとして、「auスマートバリュー mine」を2013年11月12日から提供します。これはHWD14とauスマートフォンを同時に利用している場合、スマートフォンの月額利用料金を割引くサービスです。

割引金額はHWD14 の契約期間によって異なり、2年の場合は780円、4年の場合は980円が割引かれます。なお2013年11月12日から2014年8月31日までに「auスマートバリュー mine」を申し込む場合は、HWD14 の契約期間が2年でも、980円の割引を受けられます。

また「auスマートバリュー mine」の契約期間中は、HWD14のハイスピードモードを利用する際に、WiMAX2+を速度制限なしで利用できます。

そのため「WiMAX2+ フラット for DATA(4年)」と同時に契約した場合は最大49か月間、ハイスピードモードのWiMAX2+ を速度制限なしで利用できます。またこの場合は「WiMAX2+ おトク割」も最大49か月間適用されます。