HP Chromebook 11発表、Google共同開発の軽量Chrome OSノート。WiFi版 279ドル

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2013年10月9日, 午前 06:37 in Chromebook Pixel
0シェア
FacebookTwitter


Google と HP が、Chrome OS ノートの新製品 HP Chromebook 11 を発表しました。

特徴は 11.6インチIPS液晶画面で約1kgと比較的軽量ながら約6時間駆動を確保すること、ARMプロセッサででファンレス / 吸排気口レスかつスピーカー穴なし(キーボード下に配置) のスッキリした外見、WiFi モデル 279ドルからの安価な価格など。

また Chromebook として初めてUSBポートからの充電に対応。USB電源アダプタを Android スマートフォンやタブレットと共用できます。

Chromebook といえば、先日の IDF では Haswell こと第四世代 Core プロセッサ採用製品が HP 、東芝、Acer、ASUSの各社から登場することが発表されたばかり。ですが、やや遅れて発表を迎えた HP Chromebook 11 はインテル Core プロセッサではなく、ARMベースのサムスン Exynos 5250 プロセッサを採用します。



参考として、同じHP製のHaswellプロセッサモデル HP Chromebook 14 は、14インチ1366 x 768 液晶ディスプレイ、重量 約1.8kg、約9.5時間駆動。一方今回発表の HP Chromebook 11 は、解像度同じで11.6インチの液晶ディスプレイ、重量 約1kg、約6時間駆動。


筐体はマグネシウム製のフレームに樹脂をかぶせた構造で、どこかポリカ時代のMacBook を思わせる丸みを帯びた形状。ARMプロセッサの採用でファンレス仕様になり吸排気口がないほか、スピーカーはキーボードの下にあるためスピーカーグリルもなく、また見える位置にネジ穴もないすっきりした外見です。



カラーバリエーションは、全面が黒のブラックおよび、白基調に Chrome のアクセントカラーを配した各色。Google の Chromebook フラッグシップである Chromebook Pixel とも通じるデザインとなっています。




仕様は 11.6インチ1366 x 768 IPS液晶ディスプレイ(輝度300cd/m2)、Exynos 5250プロセッサ (ARM Cortex-A15 デュアルコア)、2GB DDR3 RAM、16GB SSD。

デュアルバンド 802.11a/b/g/n WiFi、Bluetooth 4.0、機種によりLTE。入出力は USB 2.0 x2、 マイクロUSB (15.75W充電と SlimPort 映像出力用)、VGAウェブカメラ、ヘッドホン / マイク端子、キーボードの下にスピーカー。

ストレージはスマートフォンにしても少ない16GBですが、これは Chrome OS がもともとGoogle のクラウドサービスを前提として、ローカルストレージは高速動作やオフライン時のキャッシュに近い扱いをするため。購入から2年間は、Google Drive の追加容量100GBが無料で使えます。

また米国などサービス展開中の地域に限り、定額制音楽サービス Google Play Music All Access の60日間無料体験も付属。クラウドOSを前提としたマシンらしく、航空機内インターネットサービスの GoGo Inflight Internet が12セッション分無料で使える特典もあります。


米国価格は WiFiモデル 279ドル、4G LTEモデル 299ドル。米国および英国では、Google Play 直販およびAmazonほかオンラインストア、家電量販店などで本日からWiFi版を販売中です。4G LTE版はやや遅れて発売予定。また米英以外で Chromebook が展開中の市場でも、年末のホリデーシーズンまでには発売のみ込み。



OSである Chrome OS や専用ハードウェア Chromebook については過去の解説記事や関連記事一覧をどうぞ。国内展開をしていないためなかなか伝わりづらいところですが、米国をはじめとする市場では、参入メーカーも採用製品も着々と増えて独自の地歩を築きつつあります。

要は Googleの各サービスや各社ウェブアプリ/ ChromeアプリをPCのキーボードとフル仕様ブラウザで使ったときの快適さと生産性をほぼそのままに、PCにつきもののセットアップやインストール・アップデート・メンテナンスやウィルス対策といった面倒を廃して、手軽に安全にしたいことだけができる、安い早い!が売りの製品です。

Chromebook はセキュアブートやアプリのサンドボックス実行、自動アップデートといったセキュリティ機能と、Googleアカウントでサインイン / サインアウトするだけで複数ユーザーでも使いやすい点などから教育向けや法人向けにも展開してきましたが、今回の HP Chromebook 11 は個人ユーザーにも楽で安いPCやサブ機として訴求しています。

【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Chromebook Pixel, ChromebookPixel, exynos 5250, Exynos5250, google, hp, hp chromebook 11, HpChromebook11
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents