キングジムは、ラベルライター テプラ PRO SR5900Pを10月25日に発売します。従来のUSBに加え、有線LANと無線LANによる接続が特徴です。価格は3万1290円。iOSアプリの TEPRA LINK を使えばiPhoneからも直接ラベル印刷ができます。

​SR5900P はキューブ型デザインの新型テプラ。無線LAN接続に対応し、複数のPCからワイヤレスで直接ラベルを出力できるようになりました。また印刷速度を1.7倍向上させ、18mm幅(50mm)のラベルを50枚連続して印刷した場合、従来は終了まで280秒だったのが144秒で終えるようになったとのこと。高速化と同時に静穏化も施しています。ハーフカット機能付きオートカッターを備えるほか、丸型、楕円、角丸長方形のカットラベルにフチなし印刷も可能です。

カラーリングはブラック。サイズは約123 × 153 × 139mm。重さは約1100g(テープカートリッジ除く)。印刷速度は最大毎秒35mm、36mm 幅テープ使用時の最大印刷可能幅は27.1mm。接続インターフェイスはUSB、有線LAN (10BASE-T/100BASE-TX)/無線LAN(802.11b/g/n)。新たに、用途別のテンプレートを収録したWindows向けラベルソフト SPC10 も同梱しています。