ソニーVAIO Tap 11 国内発表、ペン対応フルHD画面とCore i5 で780gのWindows 8タブレット

Takuro Matsukawa
Takuro Matsukawa
2013年10月8日, 午後 01:46 in SONY
0シェア
FacebookTwitter


ソニーがWindows 8 搭載タブレットPC 『VAIO Tap 11』を発表しました。オンラインのソニーストア価格は10万9800円。11月16日発売予定で、10月下旬に先行予約販売を開始予定です。

量販店モデルの主な仕様は、ペン入力対応の11インチ 1920 x 1080 IPS ディスプレイ(トリルミナスディスプレイ for mobile、LEDバックライト)、インテル Core i5-4210Y (1.50-1.90GHZ) CPU、4GB RAM、128GB SSD(SATA 6Gbps)。

カメラは背面800万画素、前面92万画素(ともにExmor R for PC CMOS センサ搭載)。ほかSDXCカードスロット、USB3.0 x 1、microHDMI 出力、802.11a/b/g/n WiFi、Bluetooth 4.0、NFC、加速度/ジャイロ/地磁気センサなど。

バッテリー駆動時間は約8時間。本体サイズはW304 x D187.4 x H9.9mm。本体の重さはバッテリー込みで約780g。キーボードは約320g。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: SONY, vaio, VAIO Tap 11, VaioTap11
0シェア
FacebookTwitter