本日のドコモ2013-2014冬春モデル発表会より。サムスン製の GALAXY J SC-02F は、グローバルブランドの GALAXY に 「J」を冠した日本オリジナルモデル。Android 4.3を搭載し、5インチフルHD表示の有機ELディスプレイを採用しています。
ボディカラーは日本人の好みを調査した上で採用したという淡いピンク、鮮やかなブルー、ホワイトの3種類。ジャパンモデルらしくストラップホール付きですが、防水機能はありません。なお、GALAXY Gearにも対応。画面分割利用など、GALAXY Note 3と同等の機能を備えます。

端末総額は未定で、各種割引適用後の新規購入価格は、2万円後半。発売は10月下旬。




文字入力時に上下左右の4方向に、ナナメ4方向を加えた8フリック入力に対応。フリック入力は通常、日本語と英語、数字などの入力画面を切り替えますが、8フリックでは上下左右でこれまでの日本語入力、ナナメ4方向で英語や数字入力をサポート。切り替えなしで入力が可能です。

ディスプレイは5インチ、1920 x 1080ドットのSUPER AMOLED(有機EL)。プロセッサは、クアルコム製の2.3GHzのクアッドコア、MSM8974(Snapdragon 800シリーズ)で、メモリは3GB、ストレージ容量は32GB、外部メモリとして最大64GBのmicroSDXCカードに対応。

端末としては、下り150MbpsのLTE(Category 4)に対応します。バッテリーは2600mAh。大きさは137 x 70 x 8.6mm、重さは146g。このほか、災害時などに機能を制限してバッテリーの持ちを優先するモードなどがあります。