ライカM にジョニー・アイブとマーク・ニューソン共同デザインモデル、世界限定1台

Takuro Matsukawa
Takuro Matsukawa
2013年10月9日, 午後 05:13 in Apple
0シェア
FacebookTwitter

ライカカメラが、アップルのデザイン担当SVP ジョナサン・アイブ氏と、ペンタックスのデジタルカメラK-01やau のTalby などで知られるマーク・ニューソン氏が共同でデザインを手がけた『ライカM』を発表しました。

これは、ロックバンドU2のボノ氏が中心となって設立したチャリティ団体(RED)によるオークションのために、1台のみ制作されたもの。

完成までに85日を要し、その間に561個の試作モデルと、1000種類以上のプロトタイプパーツが制作されました。ボディはアルミニウムをレーザー加工して製造し、表面は酸化皮膜処理が施されています。

左からマーク・ニューソン、ボノ、ジョニー・アイブ


(RED)とは、企業に(PRODUCT) REDという共通ブランドで商品を販売してもらい、その収益をエイズ撲滅に利用するためのチャリティ団体。(PRODUCT) REDといえば赤いiPod が思い浮かびますが、ほかにもコカ・コーラやGAP、beats by dr.dre、スターバックスなど様々な企業が赤い商品を販売中です。

また(RED)は外部団体へ資金援助しており、今回のオークションの落札代金は『エイズ/結核/マラリア撲滅のための世界基金』に提供されます。

なお両デザイナーはカメラ以外に、スタインウェイのパーラーグランドピアノや2012年モデルのレンジローバーでも共同でデザインを手がけており、それらもオークションに出品予定です。



またコラボ商品以外では、ローズゴールド製のApple EarPods やロシアの宇宙服、専用の赤いラベル・保護ケース・アイスクーラーをセットにしたドン・ペリニヨン・エノテーク・マグナム1966年などが出品予定。オークションは2013年11月23日に、ニューヨークのサザビーズで開催されます。



 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Apple, Jonathan Ive, JonathanIve, jony ive, JonyIve, leica, Leica M, LeicaM, mark newson, MarkNewson, sothebys
0シェア
FacebookTwitter