ソニーがビデオミュージックレコーダーの新製品HDR-MV1 を国内発表しました。海外では先日のIFA 2013 で発表済みのモデルです。実機レビューはこちらへどうぞ

本体前面には120度X-Yステレオ方式のマイクを備え、非圧縮のリニアPCM 形式で録音が可能。カメラには約1680万画素の裏面照射型Exmor R CMOS センサと広角120度のカールツァイス テッサーレンズを採用し、ライブ演奏の撮影に最適としています。

またWiFi とNFC機能を搭載し、NFC対応スマートフォンやタブレットとワンタッチで接続(ワンタッチシェアリング)して撮影データを転送できるほか、スマートフォンやタブレットをリモコンとして使うスマートリモコン機能にも対応。接続にはiOS/Android 用アプリのPlayMemories Mobile を使用します。



音声録音機能は、単一指向性の120度 X/Y ステレオマイクを搭載し、録音形式はMPEG-4 AAC-LC とMPEG-4 リニアPCM (48kHz/16bit)に対応。録音レベルは手動で31段階の調整が可能です。またライン/マイク兼用の外部入力端子を備え、マイクやミキサーなどの外部機器を接続できます。

カメラは1680万画素 1/2.3 型 Exmor R CMOSセンサと 広角120° F2.8 カールツァイス テッサーレンズの組み合わせ。

録画形式は MPEG-4 AVC/H.264。記録画素数とフレームレートは、1920 x 1080@30p と 1280 x 720@30pから選択可能です。

その他の主な仕様は、802.11b/g/n(2.4GHz) WiFi、NFC、microHDMI 出力、2.7型(16:9)/23万ドット液晶ディスプレイ。記録メディアはメモリースティックマイクロ(Mark2)と microSD カード(SDXC 対応)が使用できます。



本体サイズは約W116.5 x H70.5 x D27.0mm。重さは付属のバッテリー込みで約165g。

発売予定日は2013年11月15日(金)。価格はオープン。オンラインのソニーストアでは2万9800円で先行予約販売中です。