韓国 LG がまもなく発表する曲面スマートフォン G Flex の画像を入手しました。ディスプレイも本体も凹面のスマートフォンといえば、LGの地元ライバルたるサムスンが5.7インチ画面の GALAXY Round を韓国向けに正式発表したばかり。

GALAXY Round が左右に(短辺方向に) 凹んでいるのに対して、G Flex は上下に大きく弧を描いた形状です。

真横から見たCG製品画像はこちら。

「曲面スマートフォン」は発表こそサムスンが先んじましたが、部品としてのフレキシブルディスプレイは両社ともに、というより各社がさまざまな技術開発を公開する定番。特にLGは技術デモだけでなく、「柔軟で壊れない」スマートフォン用ディスプレイの量産開始を認めていました。



情報提供者によると、LG G Flex のディスプレイは対角6インチ。GALAXY Round (5.7インチ)よりやや大きめです。詳しいハードウェア仕様については不明ながら、来月にも製品として発表予定とのこと。

なお部品としてはフレキシブルで、曲げる力が働いても壊れにくいことが特徴の技術ですが、製品としては基板も本体もぐねぐね化に成功したわけではなく、円弧状なだけで普通に剛体ボディです。畳んで収納したり、腕にくるんと巻きつけるような柔軟さはありません。