NEC が個人向けPC LaVie と VALUESTAR の秋冬モデルを発表しました。新素材と異次元的な軽さで話題を呼んだノート LaVie Z の新モデルは、13.3型 2560 x 1440 IGZO液晶採用モデルLZ750/NS, LZ550/NS が「ノートPC世界最軽量」の約795g。フルHDタッチパネル で14.5時間駆動のLZ650/NS は「タッチ対応13.3型Ultrabook最軽量」の約964g。どちらもハードウェア仕様を強化しつつさらなる軽量化を実現しています。


新 LaVie Z 店頭モデルの主な仕様は、タッチ非対応の最上位 LZ750/NSB が 13.3インチ2560 x 1440 IGZO液晶 (高色純度、ノングレア)、第4世代インテル Core i7-4500Uプロセッサ (2コア4スレ1.8GHz, TB時最大3.0GHz)、4GB RAM (オンボード)、256GB SSD。ほか 802.11ac対応WiFi、Bluetooth 4.0など。

バッテリー駆動時間は約9.2時間、重量 約795g。

同じタッチ非対応高解像度で下位モデルの LZ550/NSは、プロセッサがCore i5-4200U、ストレージが128GBの違いがあります。


タッチ対応で長時間駆動の LZ650/NSシリーズは、13.3型 1920 x 1080 IPS液晶、Core i5-4200Uプロセッサ (2コア4スレ 1.6GHz, TB時最大2.6GHz)、4GB RAM(オンボード)、128GBストレージ。画面以外はほぼ LZ550/NSと共通です。バッテリー駆動時間は約14.5時間、重量 約964g。

OSはいずれも Windows 8.1、MS Office Home and Business 2013 が付属します。

発売は11月21日。直販NEC Direct での価格は、IGZO液晶モデルの最廉価構成で13万4820円、タッチ対応モデルの最廉価構成では14万9940円から。