アマゾン Kindle Fire HDX は国内11月28日発売、7インチ2万4800円から

Takuro Matsukawa
Takuro Matsukawa
2013年10月16日, 午後 02:28 in amazon
0シェア
FacebookTwitter

アマゾンが独自タブレット Kindle Fire HDX を国内向けに発表しました。ラインナップはディスプレイサイズが7インチのKindle Fire HDX 7と、8.9インチのKindle Fire HDX 8.9の2種類。それぞれストレージ容量別に数モデルがあります。

従来のモデルと比較してディスプレイが高解像度化したほか、プロセッサなど処理性能も強化しています。

主な仕様は、両モデルともに100% sRGBのHDXディスプレイを採用。解像度はHDX 7 が1920 x 1200(323ppi)、HDX 8.9が2560 x 1600(339ppi)。

ほかSnapdragon 800 プロセッサ、2GB RAM、802.11 a/b/g/n WiFi、Bluetooth 4.0など。内蔵ストレージは16/32/64GBから選択できます。


カメラは両モデルともに720p 前面カメラを備えるほか、HDX 8.9 は電子手ブレ補正機能つき800万画素背面カメラ(f2.2、LED フラッシュ、1080p 動画撮影、HDR撮影)を搭載します。

またMiracast に対応し、対応するテレビにワイヤレスでタブレットの画面を表示できます。


本体サイズはHDX 7が186 x 128 x 9.0mm。重さ303g。

HDX 8.9は新たにマグネシウムUnibody筐体を採用したことで軽量・薄型化し、サイズは231 x 158 x 7.8mm。重さは従来モデルより34%軽い374g。

バッテリー駆動時間はWiFi接続や動画などの通常使用時で、HDX 7 が約11時間、HDX 8.9が約12時間。読書のみに使用する場合は17時間/18時間。


価格はHDX 7の16/32/64GBモデルがそれぞれ2万4800円/2万9800円/3万3800円。HDX 8.9は3万9800円/4万5800円/5万1800円。



発売日は全モデルともに11月28日(木)で、現在予約を受け付けています。米国ではWiFi モデルとLTE モデルが選択できますが、日本では今のところWiFiモデルのみの取り扱いです。

なお Kindle Fire HDX専用に24時間/365日の無料サポートを提供する機能『MayDay ボタン』は、日本モデルには搭載していません。


またKindle Fire HDX 8.9用のOrigami カバーも同時に発表しています。カラーは赤、青、黒の3色。発売日はKindle Fire HDX と同じ11月28日(木)。価格は7480円。




海外発表時の記事はこちら

Google Nexus 7 との比較記事はこちらからどうぞ
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: amazon, kindle, Kindle Fire HDX, kindle fire hdx 7, kindle fire hdx 8.9, KindleFireHdx, KindleFireHdx7, KindleFireHdx8.9
0シェア
FacebookTwitter