マイクロソフト、iOS / Android用リモートデスクトップ アプリを提供開始

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2013年10月18日, 午前 08:29 in android
0シェア
FacebookTwitter


Windows 8.1 そして Windows Server 2012 R2 の提供開始と同時に、マイクロソフトが iOS / Android 用の純正リモートデスクトップ (RDPクライアント) アプリをリリースしました。App Store および Google Play からどちらも無料でダウンロードできます。





対応OSとデバイス要件は、iOSが iOS 6以降、iPad, iPhone, iPod touch対応。iPad および iPhone 5 画面レイアウトに最適化済み。Android は 2.2 以降。

あくまでお仕事向けが前提のため、ホストとなるWindows PC側は、" Pro " や エンタープライズなどビジネス向けバージョンが必要です。

iOS / Android にも数多あるリモートデスクトップと比較して嬉しい点は、まずホスト側がWindows OS に組み込まれた純正であること、最新版の接続プロトコル RDP 8.1 や RemoteFX といった先進的な機能に対応すること、帯域幅に応じた動画・音声ストリーミングや応答性の高さ、マルチタッチジェスチャのサポートなど。

マイクロソフトの リモートデスクトップ ヘルプFAQページはこちら

【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: android, ios, microsoft, rdp, Remote Desktop, RemoteDesktop, windows 8, Windows 8.1, Windows8, Windows8.1
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents