マイクロソフトが、Windows 8.1 アップグレードのダウンロード提供を開始しました。オンラインでの提供は「世界で18日から」のため、日付変更線に近い市場のニュージーランドで18日午前0時、国内では17日午後8時から。Windows 8 からは、Windows ストアを通じて無償で 8.1に更新できます。

一方、パッケージ版の発売は各市場で18日。国内では明日ですが、秋葉原などでは深夜販売も実施する店舗があるようです。とはいえ、.1リリースなので規模はごくささやか。

Windows 8.1 単体の参考価格は、Windows 8.1 (無印) が1万3800円、Windows 8.1 Pro が2万5800円。8.1 から 8.1 Pro Media Center にアップデートする Pro Pack は1万2800円。こちらは箱入りでもプロダクトキーのみが入っています。