Windows 8.1 のリリースにあわせて、マイクロソフトは本日から Windows ストア ギフトカードを発売します。Windows ストア ギフトカードは、PC や タブレットの Windows ストアや、Xbox 360 で使えるプリペイドカード。クレジットカードを登録せずにアプリなどの購入ができ、また人に贈ることもできます。


また Xbox でのコンテンツ購入がマイクロソフトポイントから円など各国現地通貨に切り替わったことにあわせて、マイクロソフトアカウントにプリペイドカードで残高を追加すれば、 Windows ストアでのアプリ購入にも、Xbox ゲームにも、映画などのコンテンツにも共通で利用できます。

ギフトカードの額面は2000円と5000円。各オンラインストアや量販店の店頭で販売されます。

同じマイクロソフトアカウントにチャージするプリペイドカードの「Xbox ギフトカード」はすでに コンビニなどで販売中ですが、新たに発売される Windows ストア ギフトカードは名前が違うだけで同じもの。ただしPC / タブレットからの利用には、Windows 8.1 / Windows RT 8.1が必要です