速報:新 iPad mini 発表。ディスプレイがRetina 化で4倍密、64bit A7プロセッサ搭載で性能向上

Takuro Matsukawa
Takuro Matsukawa
2013年10月23日, 午前 03:20 in Apple
0シェア
FacebookTwitter


アップルが iPad mini の新モデルを発表しました。ディスプレイ解像度が2048 x 1536 とRetina 化するとともに、プロセッサには64bit のApple A7 を搭載。バッテリー駆動時間は10時間。

発売日は11月。価格は16GB WiFi モデルで4万1900円から。WiFi + セルラーモデルも販売します。また、従来の非Retina iPad mini 16GB WiFi モデルも、普及版として 3万1800円で継続販売します。

イベント速報ページはこちら

主な仕様は7.9インチ 2048 x 1536 (326ppi) Retina ディスプレイ、Apple A7 プロセッサ、モーションコプロセッサM7、16/32/64/128GB ストレージ、Bluetooth 4.0 など。802.11a/b/g/n WiFi はデュアルチャンネルとMIMOに対応します。

ディスプレイのピクセル数は初代 iPad mini の4倍になり、細かさを表す PPI は 326。たとえば Nexus 7 (2013) の7インチ1920 x 1200 (約323ppi ) とほぼ同等になりました。

WiFI + セルラーモデルの対応ネットワークは以下のとおり。

UMTS/HSPA/HSPA+/DC-HSDPA: 850、900、1900、2100MHz
GSM/EDGE: 850、900、1800、1900MHz
CDMA EV-DO Rev. A およびRev. B: 800、1900MHz
LTE: バンド1、2、3、4、5、7、8、13、17、18、19、20、25、26



本体カラーはスペースグレイとシルバーの2色。WiFiモデルの価格は16GB 4万1900円、32GB 5万1800円、64GB 6万1800円、128GB 7万1800円。



ほかカバーは樹脂製と革製を用意。(RED)モデルもあります。


 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Apple, apple20131022event, ipad mini, IpadMini
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents