Googleがメガネ端末 Glass を改良増産、招待制で一般向け有料ベータを拡大

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2013年10月29日, 午前 11:16 in Google Glass
0シェア


Google がメガネ型ウェアラブル端末 Google Glass を増産し、招待制で販売を拡大します。





Google Glass は今のところ一般向けの市販品ではなく、少数の開発版ハードウェアを選ばれたユーザーにのみ販売し、社外のさまざまな職業・環境の人々に使わせてフィードバックを募る有料ベータテスト Explorer Program を実施中の段階です。

従来の Explorer Program は、Google のイベントに出席した開発者や、各分野の専門家やジャーナリストなどの関係者、あるいは Google+ 上の一般公募を経て Google 側の選考を通ったごく少数の人が対象でしたが、今回の発表では、現在のエクスプローラー (Google Glass 試用者) ひとりにつき3人まで、任意で招待できるようになります。

エクスプローラープログラムに参加するには、まず誰かに招待してもらえるとして、

「米国市民であること」
「18歳以上」
「米国内に発送先住所があるか、またはニューヨーク / サンフランシスコ / ロサンゼルスのいずれかまで引き取りに来られること」

が条件です。

なんとかして招待を取り付けたあとは、従来のエクスプローラープログラム参加者の大多数と同じように有料でテスト版ハードウェアを購入することになります。これまでのエクスプローラープログラムでは、テスト版 Google Glass の価格は1500ドルほど。







(Glass 越しに見た50州編。)

また Google は現在のエクスプローラープログラム参加者に対して、Glass ハードウェアの改良版との交換オプションも案内しています。新バージョンはさまざまなハードウェア的な改良が施されモノラルのイヤフォンが付属するほか、通常のメガネとの互換性などを考慮したものになるようです。



お料理編。(レモンラベンダーケーキの作り方)



NASCAR ピットクルー主観編。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: Google Glass, GoogleGlass
0シェア