バッファローからThunderbolt接続SSD『SSD-WAT』シリーズ、RAID 0でリード763MB/s・ライト616MB/s

Takuro Matsukawa
Takuro Matsukawa
2013年11月7日, 午後 06:27 in buffalo
0シェア
FacebookTwitter

バッファローが、外付けSSD の新製品SSD-WAT シリーズ3モデルを発表しました。全モデルがThunderbolt 接続に対応することに加え、SSD を2個搭載してRAID 0 を構成します。

その結果、同社のテストではシーケンシャルリード763MB/s、シーケンシャルライト616MB/s を記録。これは同社のUSB3.0接続HDD の約4.4倍速く、数値的にはCD約1枚分のデータを1秒で転送できる速度です。

本体背面にはThunderbolt 端子を2個搭載し、最大6台までデイジーチェーン接続が可能。デイジーチェーン接続の終端には、Thunderbolt または Mini DisplayPort 対応ディスプレイを接続することもできます。




また全モデルがHFS+ でフォーマット済みのため、Mac の場合は購入後すぐに使用できるほか、OS X のTime Machine にも対応します。

なおWindows でも使用できますが、その際はNTFS へのフォーマットに加え、別途ドライバーのダウンロードとインストールが必要です。



ラインナップと価格は、容量1TB のSSD-WA1.0T が18万9800円、512GB のSSD-WA512T が11万1615円、256GB のSSD-WA256T が7万8015円。Thunderbolt ケーブル(100cm)とAC アダプターが付属します。

サイズは45x102x154mm、重さ約540g。本体の素材はアルミ無垢材。

対応OS はOS X 10.8/10.7/10.6、Windows 8/7(ともに64bit 対応)。

出荷時期は2013年11月中旬の予定です。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: buffalo, ssd, thunderbolt
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents