ポケットに入るBluetoothスピーカー Jawbone MINI JAMBOX発売、アプリから機能追加やカスタマイズ

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2013年11月11日, 午前 10:10 in Bluetooth
0シェア
FacebookTwitter
最近は活動量計「UP」のほうがよく話題にあがる JAWBONE が、Bluetooth スピーカーの新製品 MINI JAMBOX を発売します。iPhone 5s よりひとまわり大きいぐらいのサイズながら、大音量かつ高音質をうたいます。

Bluetooth ヘッドセットのメーカーとして知られていた Jawbone ですが、2010年に発売した初代 JAMBOXは、コンパクトながら高音質を売りにしてヒット商品となりました。サイズアップしてよりパワフルになった BIG JAMBOX の発売では、「The Dock Is Dead」と題するプロモーション動画で、ヨハン・シュトラウス2世の美しく青きドナウを BGM に次々とドックスピーカーを破壊する過激な宣伝も話題になりました。

今回発売の MINI JAMBOX は、もともとコンパクトだった初代をさらに薄くしたデザイン。ポケットにも入る小ささからは思いもよらない大音量と高音質を謳い、どこへでも気軽に持ち出せるとしています。

1枚のアルミ材を押し出し加工したボディは、そのまま高剛性密閉型エンクロージャーを構成します。これにより、内部空間を大きく確保して余裕のあるスピーカーレイアウトが可能となり、高音質化に一役買っています。

サウンド面では、3D音響効果で「ライブ会場のような臨場感」を加える LiveAudio 機能も搭載。 iOS / Android アプリ「Jawbone」を使用してオン/オフを切り替えられます。アプリでは、他にもプレイリストの取り込み、機能のカスタマイズなどの機能を備えます。


初代から搭載していたファームウェアアップデート機能は MINI JAMBOX にも受け継がれ、PC からウェブサービス「MyTALK」を通じて新機能などに対応します。

通信機能は Bluetooth 4.0 LE、通信可能距離は約10m。8台まで登録できるマルチペアリングと、2台まで同時接続可能なマルチポイントに対応。音声通話のためのマイクも内蔵します。

内蔵バッテリーは最大で連続10時間の再生。充電時間は約75分。充電用に Micro-USB ケーブルが付属します。

本体カラーはレッドドット、シルバードット、グラファイトファセット、ブルーダイヤモンド、アクアスケール、およびパープルスノーフレークの6色展開。JAMBOX 伝統の、ボディカラーごとに異なるグリルデザインも健在です。

大きさは幅154 x 高さ58 x 厚さ24.5mm、重さ255g。

発売日は11月29日ですが、アップルストアではすでに先行して発売中です。価格は2万1800円。


 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Bluetooth, bluetooth 4.0, Bluetooth4.0, iOS, iPhone 5s, jambox, Jawbone, Jawbone MINI Jambox, JawboneMiniJambox, mini jambox, MiniJambox
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents