NEC LaVie Tab S 発表、7インチで約250gの Android タブレット

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2013年11月12日, 午後 12:52 in Android
0シェア
FacebookTwitter
NEC が、7インチ Android タブレット LaVie Tab S TS507/N1S を発表しました。画面のフチ部分が狭く、薄さ7.9mm、重さ250gの「スタイリッシュタブレット」です。 
10月発売の7型 LaVie Tab E TE307/N1W の上位にあたるモデルで、比較すると狭くなった額縁部分が特に目を引きます。厚さは TE307/N1W より2.8mm薄い7.9mm、重さは250gと100gも軽くなりました。

製品全体のスペック的には、大きさを除けば 10型の Lavie Tab E TE510/N1B とほぼ同等となっています。

主な仕様は、Android4.2、1280x800 IPS液晶、MT8125プロセッサ(4コア1.2GHz)、1GB RAM、32GB ストレージ、前面160万画素カメラ、背面500万画素カメラ、802.11b/g/n WiFi、Bluetooth 4.0。センサー類はGPS、加速度センサー、照度センサー。

入出力はMicro-USB、ヘッドホン/マイク入力共用ミニジャック、内蔵モノラルスピーカーおよび内蔵モノラルマイク。

本体大きさは116 x 191 x 7.9mm。重さ250g。バッテリー駆動時間は Web ブラウジングで約8時間、動画再生で約6時間。充電時間は約4時間。

発売は11月中旬。オープン価格ですが、NEC直販サイトでの価格は2万7930円。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Android, Android 4.2, Android4.2, lavie tab, lavie tab s, LavieTab, LavieTabS, NEC, tablet, Wi-Fi
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents