ケイ・オプティのLaLa Call が iPhoneに対応。各社 050番号IP電話サービス比較

Hiromu Tsuda
Hiromu Tsuda, @boobyn
2013年11月12日, 午後 04:39 in 050 plus
0シェア
FacebookTwitter


ケイ・オプティコムは、スマートフォンで050番号が使えるIP電話サービス LaLa Call (ララコール)のiPhoneアプリを公開しました。Android端末に加えて、iPhoneでも LaLa Call が使えるようになります。

LaLa Call は、Android端末やiPhoneに対応したIP電話アプリ。VoIPアプリには LINEカカオトークViberなどがありますが、対応端末同士で通話するこれらアプリに対して、LaLa Call は 050で始まる電話番号がふり出され、携帯電話や固定電話ともやりとりが可能です。

LaLa Call はこれまで Androidアプリのみ提供していましたが、今回 ついに iPhoneに対応しました。iPad や iPod touch には非対応です。月額利用料は100円。通話料は別途必要で、携帯電話宛ては1分18.9円、固定電話宛ては3分8.4円。IP電話のメリットともいえる国際電話は、米国50州の場合に1分あたり6円となります。

さらに、eo光電話やeo-netフォンなど、ケイ・オプティコムの電話サービスとの通話や、提携050 IP電話サービスなどとの通話は無料。eoサービス利用者の場合、月額基本料の100円も無料です。



なお、050番号が使えるIP電話サービスとしては、NTTコミュニケーションズの 050 plus や、フュージョンコミュニケーションズの IP-Phone SMART(アプリ名はSMARTalk) 、 Skype などがあります。

050 plus は、月額315円となりますが、携帯電話宛ての通話は1分16.8円、米国宛の国際電話は1分9円となります。

IP-Phone SMART は、月額基本料がかかりません。携帯宛の通話は1分16.8円(30秒8.4円)、国際電話は米国宛で1分16円(30秒8円)。

Skypeは、海外にも多くのユーザーがいるため、Skype同士でビデオ電話として利用しやすいと言えます。また、月額プランだけでなく、Skypeクレジットを購入してプリペイド利用も可能です。




携帯電話各社が推すLTEサービスの料金プランからは、フィーチャーフォン時代には当たり前だった無料通話分が消えました。通話をたくさんする場合、別途定額オプション契約をした方がよい場合もあります。

LTEやWiFiスポットの普及拡大によって、高速通信にも期待できるため、よく電話する人や長電話をする人はIP電話サービスを活用するのもひとつの手でしょう。また、050IP電話サービスを利用すれば、1台のスマートフォンでSIMカードなどの追加なしに複数の電話番号も利用できます。




 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: 050 plus, 050Plus, Android, eo, IP-Phone SMART, Ip-phoneSmart, iPhone, k-opti, lala call, LalaCall, NTT Com, ntt communications, NttCom, NttCommunications, Skype, SMARTalk, VoIP
0シェア
FacebookTwitter