こちらも昨夜の北米版 Nintendo Direct より。任天堂は今月中にも、ニンテンドー3DS用の YouTube アプリを配信します。また、いろいろと残念な出来だった Wii U 用の YouTube アプリもアップデートする予定です。

3DS用の YouTube アプリは、ログインやチャンネルなどの機能に対応したフル機能の YouTube アプリ。2画面デバイスらしく、上画面で再生しつつ、下画面で関連動画のブラウズや検索もできます。

一方、 Wii U 版のアップデート内容はゲームパッド側での動画再生、テレビで再生しつつゲームパッド側でのブラウズや検索など。

Wii U は 「テレビ + セカンドスクリーン体験」や「本体からゲームパッドへのストリーミングでテレビを使わずに楽しめる」を喧伝してデビューしましたが、従来の Wii U 版 YouTube アプリは「テレビ再生しつつ手元でブラウズはできない」「手元で再生もできない」の極めて残念感の強いアプリでした。

PS3 や Xbox 360 といったデバイス向けの YouTube アプリそのままといえばそのままですが、せっかくセカンドスクリーン標準装備デバイスなのに使えない状態は不便というよりただみっともなく、やっと人に見せられるレベルになった印象です。なお日本の任天堂からは執筆時点で提供時期の発表はなく、eショップにもまだ入荷していません。

追記: 記憶に基づいて「残念な出来」などと書きつつ、まさかいくらなんでもそんな仕様のまま一年近く放置するはずがない、と急に不安になり改めて Wii U で YouTube を起動してみましたが、やはりテレビがないと使えないままでした。

厳密にいえばゲームパッド側にも「アクティブな動画」として再生中またはテレビ画面でフォーカスされた動画のタイトルや概要が表示されるものの、手元側で動画間をナビゲートすることも、シークなど再生操作をすることもできません。

追記2:国内ではどちらも11月中に配信予定。