プラチナ万年筆は、細いペン先で入力ミスを軽減するというスマートフォンやタブレット用のタッチペン SENSY2(センシー2) スマートペン を11月25日に発売します。店頭価格は680円程度。

プラチナ万年筆は、大正時代創業の老舗文房具会社。学校の先生が使っているソフトなペン先のカートリッジ式赤ペン 採点ペン は一度は見たことがあるかもしれません。

SENSY2は、導電繊維を使ったマイクロブラシ形状のタッチペンです。ペン先がゴムのモノよりも滑らかな書き味で、ペン先3.3mmと細くしています。タッチペンの反対側は紙用のサインペン(黒)。



従来モデル センシー は、一般的なタッチペンと同じく球体型で太さ5mmのペン先を採用していました。SENSY2は、太さ3.3mmのブラシのようなペン先で、タッチパネルに押しあてると5.5mm程度にまで広がります。プラチナ万年筆では、タッチした先が見やすいため、タッチミスを軽減できるとしています。

プラチナ万年筆調べによると、球体型導電繊維のセンシーと、今回のブラシ形導電繊維のSENSY2と比較した場合、センシーの方が入力感度が高く、SENSY2の方が低いととのこと(いずれもシリコンゴムを採用したタッチペンよりも感度は高い)。また、1万回の摩擦テスト後でも入力感度に変化はほぼないとしています。



なお、導電繊維を採用したタッチペンとしては、MetaMojiSu-Pen が球体型の小さなペン先のものを出しています。またペン先が細い製品としては、透明なディスクの中央にボールポイントのあるJot Stylusシリーズなども販売中です。透明ディスクがあるため、若干通常のペンと筆の運びが変わるものの、タッチしたポイントがわかりやすいといった特長があります。さらに、 Jot Touch やワコムの Intuos Creative Stylus といった製品はBluetoothに対応し、iPad など静電容量ディスプレイで筆圧を検知可能。

Su-Penが3000円程度、Jot Pro で2000円程度、Bluetooth対応のものは9000円台と高価なことを考えれば、SENSY2の700円弱は比較的買いやすい価格です。

スタイラスについてはこのほか、サムスンの GALAXY Note シリーズや、マイクロソフトの Surface Pro が電磁誘導式のペンを付属。最初から画面側がペン対応なだけあって、こちらはしっかりとポイントを合わせて入力できます。